03 熊本市の近隣名所を満喫Tourist attractions

03 熊本市の近隣名所を満喫

西日本最大級のアーケード街や、四季折々の風情が美しい水前寺成趣園、
細川家の菩提寺として建立された泰勝寺跡など、新旧の名所をぶらり散策するのもおすすめです。

イメージ01

01 西日本最大級のアーケード

西日本最大級のアーケード 西日本最大級の下通りアーケードは、熊本県内最大のショッピングアーケード街。ファッションやアミューズメントの中心地であると同時に、グルメ街としても有名です。また、雨が降ったら濡れてしまうことからその名がついた「シャワー通り」はお洒落なショップが立ち並び、開放感溢れる通りは、まるでヨーロッパのような洗練された雰囲気が漂います。毎年秋になると「肥後の馬追い」とも称される「藤崎宮秋の大祭」で、熊本の街は大いに盛り上がります。

イメージ02

02 水前寺成趣園

水前寺成趣園 水前寺成趣園は、80年もの歳月をかけて作られた桃山式の優美な回遊庭園です。阿蘇の伏流水からの湧水に恵まれており、四季折々に訪れる人を楽しませてくれます。湖畔の西側に立つ萱葺の家「古今伝授の間」は、京都御所内にあった由緒ある建築物で、細川幽斎公が皇弟八条宮(桂宮)智仁親王に古今集の奥義を伝授された建物です。この建物から見る成趣園の風景が最も良いとされています。

イメージ03

03 泰勝寺跡(立田自然公園)

泰勝寺跡(立田自然公園) 細川家の菩提寺として建立された泰勝寺があった所です。ここには細川家初代藤孝夫妻と二代忠興と妻ガラシャの墓「四つ御廟」をはじめ、杉木立に囲まれた「苔園」と茶室「仰松軒」があります。豊後街道から寺跡までの参道跡には、武蔵にまつわる「引導石」もあります。茶室「仰松軒」にある手水鉢は、京都で細川忠興が愛用したもので、豊臣秀吉や茶の師・千利休も使用したと伝えられます。歴代の細川藩主は、この手水鉢を参勤交代の道中にも持参してその風情をめでたといわれ、四季折々に茶会が催されています。

イメージ04

04 旧細川刑部邸

旧細川刑部邸 細川刑部家は細川家3代(肥後藩初代にあたる)忠利公の弟、刑部少輔興孝が正保3年(1646年)に2万5千石を与えられ興したものです。蔵が付属した長屋門を入ると、唐破風の御玄関、ついで御客間から入側造りの表御書院、二階建ての「春松閣」とつづき、別棟に書斎の付いた茶室「観川亭」や御宝蔵などを備え、全国有数の上級武家屋敷としての格式をもっています。

CLOSE X

ホテル日航熊本

096-211-1111

CLOSE X

CLOSE X

Language

CLOSE X

CLOSE X

レストラン予約

CLOSE X

CLOSE X

Language

CLOSE X